エコバッグ5

オリジナルエコバッグはイベントで使うノベルティとして優れています。しかし、今までノベルティとして使ったことがないとどういう風に作成したら良いのかが悩みになってしまうでしょう。過去に作成して失敗したという場合にも要点を押さえればきっと成功できます。

この記事では知っておくと役に立つ5つのポイントを紹介します。

⇒オリジナルエコバッグを小ロットで作るメリットとデメリット

イベントのターゲットを考えてデザインしよう

オリジナルエコバッグを作成するときにはイベントのターゲットについて十分な調査を行い、そのターゲットに対してどんなアクションを期待するのかを決めるのが大切です。

オリジナルエコバッグを作成する目的はブランディングかセールスプロモーションのケースが多いでしょう。ブランドを認知してもらうのを最大の目的とするならブランドのロゴマークをはっきりと入れたり、ブランドカラーで統一したりする工夫が必要です。

セールスプロモーションなら売りたい商品の特徴がわかるデザインに仕上げるのが効果的でしょう。ただ、どちらの場合でもターゲットに合わせてデザインをしないと使ってもらうことができません。エコバッグをノベルティにするメリットは使ってもらえる可能性が高く、普段使いにしてくれればブランドや商品についてはっきりと覚えてもらえます。

ターゲットによって必要とするエコバッグの大きさや形状、仕様に求めることが違います。また、デザインについても派手で使えない、地味過ぎて面白くないなどといった考え方の違いがあるでしょう。ターゲット層がどのような志向を持っているかを調査してデザインすることによりノベルティとして作成した効果が高まります。

イベントの性質に応じてターゲットを選定し、できるだけターゲットが喜ぶ設計に仕上げるようにしましょう。

サンプルや資料を持ち帰る道具にしてもらおう

エコバッグ10

イベントではサンプルや資料などを提供することがあります。例えば、展示会なら各ブースで配布していることが多く、本部でもパンフレットなどを配布しているでしょう。企業説明会なども同様で、複数の企業が集まる現場の場合にはかなりたくさんの資料やサンプルが手元に溜まってきて、持参したカバンでは入らなくなってしまいがちです。

このようなときに自社のパンフレットなどを中に入れたオリジナルエコバッグを配布すると喜んで使ってもらえます。とりあえず使うきっかけを作るのはとても重要なことで、新品未開封のままでは持ち帰った後もしまい込んでしまうことがよくあります。

しかし、既に使い始めていると他のエコバッグよりも優先して使用してくれるでしょう。そのイベント中もずっと持ち歩いてくれるので、他のイベント参加者へのブランディングやセールスプロモーションの効果もあります。

自社ブースを探して立ち寄ってくれる人も増える可能性が高いため、イベントへの参加に成功する鍵になるのです。自社のみのイベントの場合にはこのような波及効果はありませんが、持ち帰るときには街中の人たちの目にとまるでしょう。

イベントが終わると大勢の人が同じデザインのエコバッグを持っていて、何事かと興味を持って見てくれると期待できます。それによってイベントに参加しなかった周囲の人たちにもブランディングなどができるのもメリットです。

使ってもらうことを重視するにはイベントで配布したものを持ち帰る道具にしてもらうのが最も効果的でしょう。

⇒市販のものをサンプルにオリジナルのエコバッグを作成してみた

持ち帰った後に使ってもらえるデザインにしよう

オリジナルエコバッグは普段使いのツールにしてもらえる可能性が高いのがメリットです。ターゲットに合わせてデザインを仕上げればきっと持ち帰った後も使ってもらえると考えられます。ただ、既にお気に入りのエコバッグがある場合には、本当に大きな魅力がないと置き換えて使ってくれることはないでしょう。

そのため、付加価値のあるデザインに仕上げるのがとても大切です。例えば、折り畳みが簡単なタイプにして使い勝手を良くしたり、小さなポケットを付けて色々なものを収納しやすくしたり、持ち手の大きさをターゲットに合わせて持ち運びやすくしたりすることができるでしょう。

このような細やかな工夫をすることで普段から使用してもらえるようになり、ブランディングやセールスプロモーションの効果も上がります。

イベント限定品にしよう

エコバッグ16

イベントには参加してもらえなければ意味がありません。イベントの集客アイテムとしてもオリジナルエコバッグは効果的です。オリジナルエコバッグはイベント限定デザインにして配布するのが良い方法で、イベントの告知のときに参加者限定で配布と記載しておくと良いでしょう。

消費者は一般的に限定品と言われると魅力を感じてもっと詳しく見てみたい、ぜひとも手に入れたいと思う傾向があります。

それによってイベントの内容にもともとはあまり興味を持っていなかった人も詳しく読んで参加したいと思うようになることもあるでしょう。ノベルティに興味を持って参加してみたら自社の魅力に共感してくれて顧客になるということもあります。

限定品にするとイベントの度にオリジナルのデザインを作らなければならないという大変さもあります。しかし、集客力を高めてイベントを成功に導くには有効な方法なので前向きに検討しましょう。

効果測定を行おう

オリジナルエコバッグをノベルティとして作成したときには効果測定も大切です。エコバッグはノベルティグッズの中では単価が高い方なので、きちんと効果が出ていないなら次回は別のものにした方が良いと考えるのが妥当でしょう。

アンケート調査をイベントの際に実施してオリジナルエコバッグに対する印象を評価してもらうのはまず大切です。また、そのイベントによる知名度や売り上げの変化もきちんと追跡しましょう。もっと直接的に効果を測定するにはオリジナルエコバッグの持参者限定サービスなどを実施して顧客が増えているかを確認するのも良い方法です。

多角的に評価をしてコストパフォーマンスが高かったかを確認し、次回以降に生かしていきましょう。

⇒折りたたみができるオリジナルエコバッグの作り方について

イベントでオリジナルエコバッグを生かそう

イベントではオリジナルエコバッグを生かしてプランディングやセールスプロモーションができます。ターゲットを決めてユーザー視点でデザインを仕上げるのが大切です。ずっと使ってもらえるようにしつつ、参加者以外にも効果が波及するように作り上げましょう。

きちんと効果測定もして次回以降にも生かしていくのが大切です。